20年かけて完成させる本【BABY Diary[ベビーダイアリー] 〜ハタチのキミへ〜】が素敵で面白い

子育て

生まれてくる子どもに贈る20年間日記。

妻のリクエストで購入したのですが、大変面白く素敵な本だったので紹介します。

育児記録をつけたいけど、続くか心配。

でも、つけたい!なんてお父さんお母さんにはぴったりですので参考にどーぞ。

BABY Diary[ベビーダイアリー] 〜ハタチのキミへ〜とは

まず、この本は中身があるようでありません。

amazonの商品ページには次のように説明があります。

赤ちゃんができたその瞬間から、我が子に対しての想いを、 パパとママが愛情いっぱいで綴る20年間日記「BABY Diary~ハタチのキミへ~」。

2人から3人へ、家族が増えたことで感じる感動や新しい発見とともに、 子どもの成長をリアルタイムで綴ることができる新しいタイプのダイアリーです。

内容は「積み重ねページ」と「バースデーページ」の2部構成となってます。

シンプルなキーワードしか書かれていない「積み重ねページ」は、同じキーワードに対してどの年齢の時でも書き込め、 日々の何気ない出来事やその時の気持ちを綴ることができます。

記録のページである「バースデーページ」は、毎年誕生日に、 子どもの成長記録を付けていくことができます。

そして、我が子がハタチになった時、今まで積み重ねてきた思い出と共に、 「ハタチのキミ」へメッセージを込めてこの本を贈る仕掛けになっています。

きっとこのプレゼントは我が子にとって、世界でただ1つのかけがえのない宝物となるでしょう。

説明にもありますがこの本は

  • 積み重ねページ
  • バースデーページ

からできています。

親である私達が空白のページを埋めて20年後の子供にプレゼントしてやっと本として役目を果たします。

なんかイイですね、こうゆうの。

20年後まで本としてボロボロにならないようにハードカバーでしっかりとした造りになっており、ページも厚みがありしっかりしています。

それでは中身を見ていきましょう。

積み重ねページ

61rPrrWUSPL

81IS8Z8mNDL

  • 誕生!新米ママのバタバタな日々。
  • あなたができた、初めてのこと。
  • メリークリスマス
  • 卒園、卒業おめでとう。

などの成長の瞬間や、季節のイベントの空白のページが前半半分です。

年齢関係なく同じキーワードで記録を重ねていきます。

クリスマスなどの大きなイベントのページはすぐにいっぱいになってしましそうですので計画的に書いていかないと子供が大きくなってから書けなくなってしまいますので注意しましょう。

バースデーページ

71N78McI1YL

バースデーページは0歳〜20歳まで1歳ごとに見開きでページがあります。

ページの内容は成長に合わせて変わっていきますが、必ずお父さんとお母さんからのメッセージ記入欄があります。

僕はどうしても綺麗に残したくて文章を考えてしまうのですが、

『こうゆうのは綺麗に書こうとせず思ったことをありのまま書いた方が気持ちは伝わるよ。

それに綺麗に書こうとすると文章がでてこなくなるんだよね。』

って、妻に言われました。

はい、その通り。

あまり考えずに今の気持ちを記していきましょう。

伝わる親の気持ち

少し前の話ですが、結婚式のプロフィールビデオ用に子供の頃のアルバムから写真を選んだのですが、

そのアルバムにちょこちょこ母親のコメントが付いてたんですよね。

母はどんな気持ちでコメントを付けたかはわかりませんが、僕自身愛情を感じました。

同じことを自分の子供にしてあげたいという気持ちもありますし、

なにより子供の頃の記憶は覚えていないと思うし、親である僕達も忘れてしまうと思うんです。

だから、しっかり記録として残しておいてあげたいという気持ちが大きいですね。

20年後の子供には『こんなのいらない』と言われてしまうかもしれませんが、このBABY Diaryから何かしら親の気持ちを感じ取ってくれればそれでイイかなと。

まとめ

育児記録はつけたいけど面倒くさい、続かないという方は是非買ってみてください。

マメに出来なくても1年に1回、子供の誕生日に引っ張り出して書けば良いのですから。

そう思えば20年続けるのも苦ではなくなります。

このダイヤリーをとうして夫婦の会話も増えます。

思ったまま感じたままに育児記録を残してみましょう。

子供の成長だけでなく、僕たち親の成長も見えるかもしれません。

そちらも面白そうです。

最後のページには、

『ハタチのキミへ 誕生日、おめでとう。』

のメッセージ。

最後のページまで完成させてハタチの君にプレゼントするのが楽しみです。

皆さんも1年に1回、子供の成長を夫婦で振り返って育児記録を書いてみてはいかがですか?

タイトルとURLをコピーしました