子供の写真を撮り始めて感じること3つ

写真

最近1歳半の娘の写真を撮るのが楽しすぎて嫁に呆れられるくらいシャッターを切っている@miyaです。

一眼レフを以前から持っていたのですが、子供が生まれたことをきっかけに使用頻度が急上昇。最近は歩けるようになり、出来ることがどんどん増えていくのでいろんな表情をしてくれるため毎日のように子供にカメラを向けています。

ヒマさえあれば子供の写真を眺めているわけですが、最近子供の写真について感じることを書きたいと思います。

シャッターチャンスは一瞬

  • 子供の初めて立った・歩いた
  • 面白い表情をした

はほんと一瞬の出来事。

写真に残すためにはすぐカメラを取り出して撮影できなければなりません。モタモタしていい表情を逃してしまっても子供には『もう一回』は通用しませんからね。

高いカメラもカバーやケースに入れて大事に大事に持っていると、取り出すまでに時間がかかってせっかくのシャッターチャンスを逃してしまいます。

その点スマホは常に持ってるし、コンパクトなのでシャッターチャンスには強いですよね。スマホの写真でも撮れなかったよりは全然いいと思います。

毎日カメラを触っていれば技術も上がるしシャッターチャンスに出会う可能性も上がります。

カメラを使わないでずっとしまってあるなんてもったいない!一瞬を写真にするためにどんどんカメラを持ち出して行きましょう。

構図よりも大切なこと

カメラを扱えるようになると、誰もが次に気になるのが『構図』。

日の丸構図はダサい、3分割構図だ、黄金比だ、って考えちゃうんですよね。ても、子供は動き回るし構図を考えながら撮るって結構難しいです。

なにより構図が決まってても、ピントが合っていない写真は価値がありません

ピントが合っていないこだわりの構図で撮った写真を量産するより、日の丸構図でもビシッとピントが合った1枚の方が何倍も価値があります

構図の理屈なんて後付けで良いと思いますよ。トリミングで微調整くらいなら出来ますし。構図を決める前にピントを決めましょう。

でも、言うのは簡単ですがピントって難しいですよね。しっかり合わせてシャッターを切ったつもりでも家に帰ってPCで確認すると全然ズレていることが多々あります。まぁこれも腕がまだまだってことですよね。今は構図を考えているヒマがあったらピントのことを考えます。

写真を撮るはどこまで?

あなたにとって【写真を撮る】とは、どこまででしょうか?

  • カメラで撮って終わり?
  • スマホに転送して終わり?
  • SNSにアップして終わり?
  • RAW現像して終わり?

そんなあなた。ぜひ、プリントアウトしましょう。

私は撮った写真は子供が大人になるまで残してあげたいです。親のエゴかもしれませんが、何かしら写真から感じて欲しいと思っています。

子供が成人するまで20年。データ保存ではいつ消えてしまうかわかりません。しかし、プリントアウトして写真で残しておけば物理的に壊さない限りなくなることはありません。

写真屋さんでプリントではちょっと高いという方は、ネットプリントなら1枚数円でできます。フォトブックも最近は簡単に安く作れるようになったのでオススメです。

子供の写真はスマホで眺めるだけでなく、プリントアウトしてアルバムに入れて眺めるとまた違う発見があるかもしれません。

まとめ

これから先、子供の成長と共に写真に対する考え方も変わってくると思いますが、今現在考えていることのまとめでした。

これから子供の写真を撮りたいと思っている方、今現在撮っている方の参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました