ワラビのアク抜き方法

わらびのアク抜き7 ライフハック

ワラビを大量に頂いたのでばぁちゃんから教わったアク抜き方法を忘れないようにメモ。

ワラビのもらったけど食べ方がわからない方は参考にどうぞ。

ワラビのアク抜き方法

それでは行きましょう。

アク抜きにもいろいろな方法がありますが僕は『重曹』を使うやり方になります。

ワラビの準備

ワラビを軽く水洗いして深めの容器に入れていきます。

お湯をたっぷりかけるので深めが良いです。

ワラビの頭は食べる人もいるのかもしれませんが、我が家では食べないので洗った時に分けてます。

たっぷりのお湯を準備する

ワラビを洗っている時にたっぷりのお湯を沸かしておきます。

お湯の量は容器の大きさとワラビの量とで相談してくださいませ。

アク抜きの主役『重曹』

これぐらいの量なら重曹大さじ2杯半〜3杯くらいってばぁちゃんが言ってたのでふりかけます。

熱々のお湯はNG

お湯がグツグツと煮立ってきたらそのままかけるのではなく、ちょっ温度を下げます。

待っててても良いのですが時間がもったいないのでコップ1杯の水を投入します。

※お湯はねで火傷注意‼︎

たっぷりのお湯につけて一晩待つ

先ほどのちょっと冷ましたお湯をたっぷりワラビにかけて一晩待ててばオッケーです。

あとは軽く水洗いしてお好きな食べ方でどーぞ。

ポイントはここで『けっして煮ないこと』だそうです。煮ると柔らかくなってふにゃふにゃで美味しくないワラビになってしまいます。

まとめ

山菜は食べるのに手間がかかりますが、その分美味しいですよね〜。

わが家では麺つゆに軽くつけて生姜を添えて食べようと思います。

タイトルとURLをコピーしました